製品カタログ

展示台/展示用ケース

展示物に合わせて展示台・展示ケースを製作致します。
展示台は展示物に合わせて素材や形状を提案させて頂きます。
展示ケースは展示室の作り方や展示空間、展示方法に合わせてご提案させて頂きます。

展示台・展示ケース製作

 

 

 

 

 

 

 

展示台/展示用ケース

展示ケース製作プロセス例

当社では展示品に合わせて機密レベルの高い既製品の展示ケースの販売も可能ですし、特注品の製作もさせて頂いております。お客様のご要望に合った製品を企画・提案させて頂きます。

展示ケース製作プロセス例

①相談・打ち合わせ

まず何を展示されたいか、どんな仕様でどんな展示をされたいかご相談させて頂きます。お客様とのお打ち合わせの中で何の文化財を展示するかによって下記の仕様等を決定致します。

ガラス・・・・・フロートガラス又は透明ガラス   ※アクリルで製作することも可能です。
鍵・・・・・・・・付けるか付けないか
機密性・・・・エアタイト・ノンエアタイト
照明・・・・・・LED、有機ELなどを提案させて頂きます
地震対策・・・免震台との組み合わせなどをご提案させて頂きます

②企画・提案

お客様のご要望を伺った上でラフスケッチ画とともに仕様をご提案させて頂きます。

③採寸・設計・図面作成

ご提案したものの具体的な寸法を計測して設計・図面作成を行います。展示ケースの高さや展示台のスペースなど、細かく決定していきます。

④御見積もり

図面確認後、最終見積をさせて頂きます。気になる点があれば修正していきます。

⑤受注
⑥図面確認

再度図面をご確認して頂き、製作に入ります。

⑦製作

接着剤は必要に応じて文化財に影響を与えないものを選びます。

⑧納品

納品場所に応じて完成品を納品又は現地組み立てします。

⑨検収

必要に応じて環境測定を実施させて頂きます。(有機酸・アンモニア・ホルムアルデヒドなど)

製作例

お客様のご要望
オリジナルの展示ケースを作成したい。

アクリルで鍵付きのオリジナル展示ケースを作成しました。

沼津市文化座センター展示製作例