文化財を明日へと繋げる

継承 発信
過去の文化財を守り・伝え・未来に継承するための襷を繋ぎたい。 文化財を日本中・世界中の方々に広める襷の役割を果たしたい。
進出 共同
日本の文化財の発掘から展示までの技術を世界のスタンダードへと進出させたい。 チームメイトとチームメイトの襷を繋ぐ役割を果たしたい。

支援
文化財の発掘から展示までを当社の商品・事業で支援していく襷の役割を果たしたい。

ロゴデザインについて

襷ロゴ 第一合成の文化財継承ブランド「TASUKI」は、先人達からの遺産である文化財を後世へと受け継ぐという、現代人が担っている役割を支える事業を目指し立ち上がったブランドです。 ブランドロゴは漢字の「襷(たすき)」を原始的な字体と豊かな色彩を組み合わせることで、“文化財に彩りをあたえ活かしていく”という指針を表現しています。
原始的な文字

「襷」という文字の構成要素である「衣」、「與」、「手」を象形文字風に変換させたデザインは、どこか古(いにしえ)の雰囲気を漂わせ、漢字の変遷を想起させます。時代の変遷を物語る大切な「文化財」を見つめるキッカケを与えられる事業を展開し続けていきたいという想いが込められています。

豊かな色彩

ロゴマークで使用している色は、文化財保護法が定義する文化財の項目数にあわせ6色あります。これは当社が文化財に関わる全てのお客様を対象に、様々なサポートを目指す想いが込められています。
tasuki_img8_colors

標語(文化財を明日へと)

ブランドステートメントとして「文化財を明日へと」という標語を明記しています。これは当社の願いを掲げると同時に、このロゴを目にする方々へ向けたメッセージでもあります。同じ想いを持った人が一人また一人と広がっていくことを期 待しています。また、「明日へと」という表記は「asset」とかけた言葉遊びです(文化財=cultural asset)。

襷(漢字と語源)

「襷(たすき)」という漢字は「擧(あげる)※略字は挙」に「衣」篇を組合わせた日本で造作された文字(国字)です。また、「擧」は「與(あたえる)※略字は与」と「手」を組合わせた会意文字です。人が衣類をまとっている様子を示した「衣」、二人が一緒に物を持ちあげる様子を示した「與」、その下にさらに加えられた「手」。それぞれ象形文字にすることで何となくその様子や形を窺い知ることができます。また語源は、「たすく(助く・輔く・扶く)」の名詞形だとされており、「助けるのが好きな第一合成」を目指して日々邁進してまいります。

襷 ~ TASUK/ ~ を立ち上げるにあたって

tasuki_img2012年3月に立ち上がった文化財継承ブランドの「襷」は文化財部門が中心となって約半年間、文化財、お客様、会社、自分の仕事等、多岐に渡って話し合いを重ねてきました。

その中で「これからの文化財の為に当社はどんなことができるのだろう」というテーマのもとの話合いでは様々な角度から考えさせられ、各々が会社を、自分を見つめ直す良い機会となりました。

TASUKIに込めた思いは「これからも文化財を盛り上げていきたい」「文化財に関わる人全ての思いを繋いでいこう」という我々の思いです。「襷」という名前付けにもこだわり、我々の強い思いと信念が込められています。

この「襷」をこれからも育てていくために、皆様と共に文化財の「襷」を繋ぐ企業として成長して参ります。

代表取締役 河野 良子